自動システムトレード

 FXは通貨を銘柄として、為替相場のレート変動を利用して利益を求めていく投資取引になります。
具体的には、新規の売買注文を行って通貨を保持し、外国為替市場のレート変動によって通貨の価値が変わるのを待ち、決済注文を行ってその通貨の利益や損失を求めていくのですが、一回の取り引きごとにこの一連の流れを繰り返していくことになります。

一見すると簡単なように見えるのですが、実際は秒単位で刻々と変化していく為替レートに対し、自分の利益が見込めそうなタイミングで新規注文を行い、通貨を保持している間はレートの動きによって、自分の通貨に大きな利益や、場合によっては深刻な損失が発生してしまう可能性があるために、常に為替の動向に気を配っておく必要があり、どのタイミングで決済注文を入れるのかという事も重要なポイントになります。

こうした状況下で集中力を保ち続け、なおかつ冷静な判断を下し続けるのは大変に難しく、もう少し値が伸びるだろう、落ち込んだ値がきっと戻るはずだ、という希望的観測により大きな利益を逃したり、多大な損失を被ってしまう投資家は少なくありません。

古くからおこなわれている投資取引の手法の中に「システムトレード」というものがあります。これは、こうした感情的な行動や心理的な判断ミスを排除するために用いられるもので、たくさんの投資家が取り入れている手法になります。

具体的には、予め取引きに関するすべてのルールを決めてしまい、実際に取引きを行う際には、そのルールに従って取引きを行っていき、一切の余計な行動を取らない、というものになります。
このようして取引きを行えば、つねに冷静で一定の判断を行えるために、心理的なミスが無くなるのです。

このシステムトレードは、現在ではパソコンやモバイル気になどの発展により、取引ツールがソフトウェア化したため、「自動システムトレード」という形に進化しています。

この自動システムトレードは、システムトレードの内容を取引ツールに売買プログラムとして入力し、自動的に投資取引を行うものになります。
これにより、自らで取引きを行う必要が無くなり、より人間の感情に左右されない投資を行うことができるようになりました。

FXでは外国為替市場を相手に相場取引を行いますが、この為替市場は24時間開いています。ですので、この自動システムトレードを用いれば24時間いつでも取引を行うことができるために、非常に効率よく利益を上げることができるのです。

また、自動システムトレードの売買プログラムは、自分で投資ルールを設定してプログラムをすしていくのですが、あらかじめ作成されている売買プログラムを利用する方法もありあります。

こうしたあらかじめ決められたプログラムでは、簡単な設定をするだけで取引きルールを決めることができます。
また、既製の売買プログラムの中ではルールの設定を投資取引のプロが行っているものあり、こうしたものを利用することで、投資の初心者でもFXの取引きを行え、またプロの取引きの手法を学ぶことができるのです。

このように、自動システムトレードやシステムトレードに様々な利点があります。FXでの取引を行おうと考えているのであれば、こうしたものを取り入れるのも良い方法だと思いますので、例えば投資の状況が思わしくなければ、一度試してみるのも良いいでしょう。