一定時間後のレートが上がっているか下がっているか予想

g878 バイナリオプションと聞いてすぐに分かる人は少ないかもしれません。FXや株式のようにチャートを追いかける金融取引ですから、求められているものはこれらと変わりません。言ってしまえば、FXや株をやったことがある人ならばバイナリ—オプションもやれるということです。

バイナリ—オプションとは簡単に説明すれば「今より一定時間後のレート(価格)が上がっているか、下がっているか」を予想する取引です。たったこれだけです。つまり50%の確率で予想が当たるということが言えます。もちろん厳密には値動きが全くない市場もありますから、50%よりも変動するのが現状ですが。ただし、基本的には値動きするのが市場価格ですからそれらの中から2択を予想して購入して利益を上げる作業のみです。

一定時間とはバイナリーオプション会社によって異なりますが60秒、5分、10分などが多く、例えば7時55分~8時までの5分間の取引時間の場合、8時に強制的に決済されますからこちらが時間指定しなくも良いので手間も少ないメリットがあります。さらに、会社によって異なりますが1日100回以上取引できるところもありますから自分のサラリーマンでも昼休みに少し行うことが出来ますから副業にも向いています

・初心者に向いている手軽なリスク管理

初心者がFXを始める際にはこのバイナリ—オプションが向いているかもしれません。バイナリ—オプションの魅力は取引の単純さに加えて、リスク管理のしやすさが上げられます。リスク管理とは簡単には「損得計算」ということが言え、もっと言えば、予想以上に損失が発生することがないということが魅力です。バイナリ—オプションは購入額(証拠金)以上の損失は発生しません。

通常FXの場合、証拠金以上の損失はプロならば出すことはありませんが、それでもゼロではありませんからリーマンショックなどの経済ショックは起こると途轍もない損失を出すことがあります。

この怖さこそがFXを始める人がためらう原因になっています。金融取引である以上は損を出すことが分かっていても、やはり損は押さえたいと考えるのが普通です。ですから、事前に損失限度がはっきりと分かっているバイナリ—オプションは魅力なのです。

・バイナリ—オプションで利益を出す方法

バイナリ—オプションで利益を出すには単純に計算しても55%程度の勝率が必要になります。手数料が発生しますから50%ではないのです。確率論的に回数を重ねると勝率は50%に収束していくと言われていますから、バイナリ—オプションで利益を出すためにも守るべきことがいくつかあります。

1日の取引回数を10回程度に抑える
負けた時はいったん手を引く
1日の損失の許容範囲を決めておく

一般的に言われていることですが、自分なりにルールを決めてそのルールをきちんと守ることが重要です。決して難しくはないのですが、だからと言って誰でも利益を出せるわけではないことも忘れないでください。

不動産投資

不動産投資を行ううえで1つ重要なことといえば、空室になりづらい家を買うということです。ここは誰もが考えますが、問題は空室にならない家の条件が何か?ということになります。空室にならない家というのは、借り手から見て魅力が存在している家ということになります。

しかし、ここで重要なのはその魅力が偏ってはいけないということです。別の言い方をするといろいろな条件において借り手にとって魅力的な要素が存在していることが望ましいのです。例えば、立地条件というのは家を借りるときに多くが重視する部分になりますが、この立地条件だけに優れている家というのは、借り手にとってそこまで魅力的な家とは感じられない可能性があるということなのです。

例えば、最寄り駅から近い、家の周辺にお店がたくさんあるなどの便利な条件が揃っているというのは、そこだけを見れば非常にメリットが感じられる部分です。したがって、そこに惹かれて借り手が現れる場合もあるでしょう。しかし、空室リスクという意味では、依然として高い可能性が残ったままである可能性があります。不動産投資において空室リスクを少しでも下げるには、バランスよくメリットが揃っているということも重要だと思います。

つまり、特定の部分にのみ優れた箇所を見出せるのではなくて、いろいろな部分に少しずつでも優れた箇所を見出せる物件というのは、借り手にとって総合的に評価できる家になるのです。例えば、立地条件、セキュリティ、部屋の広さ、設備の利便性、築年数などの複数の条件にいて、バランスよく高評価できるような家が望ましいと思います。

立地条件は良いけど、セキュリティがちょっとみたいな、どこかにマイナスポイントを見出してしまうようなことができるだけないような、プラスの面がそこまで大きくはないけど、マイナス面も特にないと思えるような家は、借り手から見ても安心感を得やすいです。住みやすいと感じられると思うので、高評価を得やすいと言えるのではないでしょうか?

不動産投資をするときには物件選びをしないといけませんが、トータルのバランスという点を意識していくと、良い物件選びができる可能性があります。どこかがとても素晴らしいけど、どこかがちょっとイマイチと感じるような物件は両方を合わせると、良いところが、そうじゃないところによって相殺されてしまうような感じになることがあります。印象によってそういうことが起きる可能性があるので知っておくと良いと思います。